日本にもボイス時代到来!Amazon Echo連携の先行事例7選

Amazonの人気スピーカー型電子秘書「Amazon Echo(エコー)」の国内販売に向けて日本法人が動き始めた、という情報がいろいろな方面から入ってきた。(関連記事;日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

連携するデバイス、サービスの数が7000を超えたAmazon Echoは、スマホ全盛時代に終止符を打ち、ボイスの時代の幕を開けるデバイスと言われている。

スマホ時代の幕開けの時期にアプリ開発競争が繰り広げられたように、今年から日本でもボイス搭載デバイスやサービスが次々と登場するかもしれない。

ボイス機能で、どのようなデバイス、サービスを開発できるのだろうか。

湯川 鶴章

さすがにAmazon Echoと連携する7000以上のデバイス、サービスのすべてを見て回ることはできないので、Amazon自体が出資しているものや、開発者コミュニティで話題になっているものを中心に調べ、その中で日本でも使えそうなものを7つ厳選して紹介したい。(ITジャーナリスト:湯川鶴章)

Echoはハード、Alexaはソフト

その前に重要な用語を整理しておきたい。Echoは、スピーカー型ハードウェアの名称。Amazonが現在、米国で販売しているのは、ノッポのEcho、少し小さめの廉価版である「Echo Dot」、それに利用する前にタッチが必要な「Echo tap」の3種類がある。

Amazon Echo
Amazon Echo

「Alexa」はEchoに搭載されている音声認識AIの名称。つまりEchoはハード、Alexaはソフトということになる。メディアではEchoのほうが取り上げられることが多いが、7000以上のデバイス、サービスが連携された今、AIであるAlexaのほうが重要性を増している。

開発者向けのサービスや開発キットには、Alexa Voice Serviceと、Alexa Skills Kitの2つがある。

前者は、クラウド上に音声認識機能が乗っていて、そこに音声データを送信するだけで、返答が返ってくるサービス。マイクとスピーカーさえあれば、Echoと同様の機能を持つデバイスを作れることになる。

後者は、Echoからコントロールできるデバイスやアプリを開発するための開発キット。

つまり前者は、コントロールする側のためのもの。後者は、コントロールされる側のためのもの、ということになる。

またAmazonは、連携するサードパーティのデバイスやサービスを「スキル」と呼んでいる。サードパーティとの連携が増えることで、Echoができること、つまりスキルが増える、という意味だ。

【関連情報:何度同じ質問をしても怒らないAIエンジニアによる「ビジネスマンのためのAI講座」2期生募集中】

調理中にカロリー計算Prep Pad

僕が最もおもしろいと思ったのは、スマート・キッチン・スケール(重量計)のPrep Pad。まな板のようなスケールに食材を載せて、スマホやタブレットのアプリに食材名を入力すれば、カロリーや栄養成分を瞬時に計算してくれるというもの。調理しながら、1つ1つの食材の重さを図っていくことで、完成した料理のカロリーと栄養価の計算ができるようになっている。

このままでも結構人気のデバイスのようだが、Alexaと連携することで、食材名を音声で入力できるようになる。料理しながらの濡れた手で、タッチスクリーンを操作するのは面倒。ボイス入力を可能にすることで、操作性が格段に向上するわけだ。

【ポイント】手を使えない状況。そうした状況にボイス機能は、最も力を発揮する。

冷蔵庫にピタッと音声機能:Triby

Tribyは、フランスのベンチャー企業inovoxiaが開発したコミュニケーションデバイス。wi-fiを通じて、電話をかけたり、メッセージを表示したりできる。音楽をかけることもできる。

アイデア自体はEchoに似ているが、冷蔵庫に貼り付けることを想定した形状になっている。

Alexa Voice Serviceにアクセスできるようにすることで、Echo並みに多くのスキルを簡単に実装できるわけだ。

【ポイント】Echoとは異なる場所での利用に特化した形状にすることで、Echoとのバッティングを避けることができる。

wi-fiで簡単設置のIntercom:nucleus

電源につないで壁にかけるだけで、簡単に設置できるIntercom。wi-fi接続なので、工事いらず。各部屋に設置できるし、遠くに住む親戚でさえ、まるで同じ家に住んでいるかのように簡単にテレビ電話ができる。1台約2万円なので、iPadよりも安い。

Alexa Voice Serviceにアクセスすることで、IntercomがEchoの全機能を持つことになる。

【ポイント】デバイス自体は、1つの機能の使い勝手に徹底的にこだわったシンプルなデザインにし、Alexa連携で無数の機能を追加する、という形がいいのかもしれない。

ボイスベースのランニングコーチ:M.A.R.A

M.A.R.Aは、基本的にボイスでコントロールするランニング・アシスタント・アプリ。ジョギングの時間や距離、ペースを記録したり、雨が振りそうになれば警告してくれる。ジョギングの最中に音楽も再生してくれる。

Alexaと連携することで、ジョギングが終わって、リビングでリラックスしているときにリビングのEchoに対して「Alexa、今週は全部で何キロ走った?」とか「Alexa、今週のランニングのペースの平均値は?」などと聞くことができる。

【ポイント】スマホをポケットから出すのさえ面倒に思われる瞬間というものがある。その瞬間こそがボイスの出番になる。ちょっとした使い勝手の差は、過小評価されることが多い。しかしヒットするかしないかは、ちょっとした使い勝手の差によるところが大きい。

Mojio

Mojioは、コネクテッド・カー・ソリューションのリーディングプロバイダー。Mojioデバイスを自動車のOBD-Ⅱポートに接続することで、車の走行距離や診断データを入手できる。Alexaと連携することで、Echoデバイスから「Alexa、会社へ行く前にガソリンを入れたほうがいい?」「Alexa、今、娘が運転している車は、どの辺りにいるの?」などと質問することができる。

【ポイント】スマホアプリは、基本的にはすべてボイスベースにすることが可能。ただどの用途がタッチスクリーンに向いて、どの用途がボイスに向くのかを、しっかり考える必要がある。ボイスにできるからといって、すべてボイスに変える必要はない。ただ出勤前のバタバタしているときに、ガソリンの量をボイスで確認できるのは確かに便利。こうしたキラー用途を見つけ出せるかどうかがポイント。

話ができるぬいぐるみThe Talkies

The Talkiesは、マイクとスピーカーと通信機器が内蔵された子供向けのぬいぐるみ。親のスマホとの間で音声メッセージの送受信ができる。Alexa Voice Serviceにアクセスすることで、Amazonのオーディオブックでの読み聞かせが可能になる。

【ポイント】Amazonは、米国の一部地域で、Alexaの対話AI「Amazon Lex」の一般提供を始めた。従量課金で、1000スピーチリクエストが4ドル。競合他社よりも利用しやすい。Amazonの音声技術を使ったコミュニケーションロボットが多数、開発されるかもしれない。

スマートホテル


これは製品ではなく、開発コンテストの入賞作品。ホテルの部屋に置かれたAmazon Echoに対して、音声でルームサービスを注文すると、スマホのAlexaアプリに画像や動画が表示される。Alexaとの対話の中で画像も表示できるので、宿泊客に対してより親切な対応ができる。ルームサービスだけではなく、チェックアウトなども簡略化できるはず。

【ポイント①】B向けへの利用が期待できる。
【ポイント②】高齢者などスマホを使いこなせない層も、ボイスで対話しながらなら、インターネットを使えるようになるかもしれない。

まとめ:スマートホーム以外を狙え

家電メーカーは一斉にAmazonに対応してくるだろう。米国の状況を見ていると、対応しないと売れない時代になるような気がする。なので今までの家電をAmazonに連携させるだけでは差別化にならない。

また米国の先行事例のほとんどはスマートホーム関連。プールの水質管理や、ガレージドアの開閉、ガーデンの水やりなどを、リビングルームのEchoからコントロールできる、というようなものが多い。米国に比べて狭い家が多い日本で、スマートホーム関連で大きなヒット製品が生まれるのかどうか。

それより日本ならB向けや、高齢者向けのデバイスやサービスに可能性があるように思った。

スクリーンショット 2017-02-04 8.32.53
→【ビジネスマンのためのAI講座】詳細はこちら