アドビシステムズに聞く、「Adobe Sensei」の未来【前編】

2016年10月31日~11月4日のAdobe MAX2016(米国カリフォルニア・サンノゼで行われたクリエイティブカンファレンス)で発表された「Adobe Sensei」。人工知能(AI)、特にディープラーニングを活用し、写真の加工や動画の編集、書類のデジタル変換といった手間のかかる複雑なタスクを対処する新技術「Adobe Sensei」とは、どんなソリューションなのか?

アドビ システムズ株式会社(以下、アドビ)日本法人を訪問し、気になる機能の詳細について聞いてきました!

気になる人工知能、「Adobe Sensei」ってなに?

アドビについて、一般的にはAdobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe Premiere Pro(以下、Photoshop、Illustrator、Premiere Proと表記)といったグラフィックや動画編集ソフトのイメージを抱いている方が多いかと思います。

現在は従来のクリエイティブ方面で利用されるアプリケーションの数々やそれを提供するためのプラットフォーム「Adobe Creative Cloud」に加え、マーケティング領域で大手企業向けの統合デジタルソリューション「Adobe Experience Cloud」や、文書の編集をデジタル化&高速化してビジネスの効率を高める「Adobe Document Cloud」の提供を行っています。

Adobe Creative Cloud
Adobe Experience Cloud
Adobe Document Cloud

このように、アドビのサービスはクリエイティブ、マーケティング問わず、多方面で活用できます。おそらく、業務に欠かすことができないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、新技術の人工知能を使った「Adobe Sensei」は、さらに作業を効率化してくれるとのこと…。一体、どんなシステムなのでしょうか。さっそくお話を伺ってみましょう!

――まず、「Adobe Sensei」がどういったものなのか、教えていただけますでしょうか。

アドビ:アドビはご存知のとおり、多くのクリエイティブソフトを開発し、近年ではクラウドとして提供してきました。世界中に大勢のユーザーさんがいますので、高解像度画像の編集に関するデータに加え、膨大なコンテンツとデータ アセットを持っています。
「Adobe Sensei」は、アドビが長年にわたって培ってきた専門性を活用して、既存のアプリケーションやプラットフォームを、より使いやすくしていこうという機能なんです。具体的にクリエイティブ方面でいうと、PhotoshopやIllustratorにすでに存在している機能を「よりインテリジェントに使えるように改善し、自動化を促進する」といった位置付けになります。

――なるほど。他社の場合は「AIによって新たに○○ができる」という提案を行っていることが多いですが、「Adobe Sensei」はあくまでもユーザーが使いやすいように、既存アプリケーションやプラットフォームを補助する役割なんですね。

アドビ:はい、そうです。アドビが提唱するAIというのは、お客様からデータをいただいて、それをアルゴリズムに読み込ませて、「新たな価値を創出する」という、他社さんとは一線を画したアプローチを取っています。

――「Adobe Sensei」という名前が非常にユニークですね。

アドビ:私たちも、Adobe MAXで発表されたときには驚きました(笑)。米国本社の方で開発が進んでいたのですが、アメリカでの「Sensei(センセイ)」は、日本語の「先生」とは異なり、すべてを司る、全知全能の存在「マスター」といったニュアンスが強いんです。

――なるほど。スターウォーズの「マスター」といったイメージに近そうですね(笑)。それでは実際に「Adobe Sensei」によって、どんなことができるようになるのでしょうか。まず、クリエイティブ方面に関して教えてください。

アドビ:クリエイターさんが1つのコンテンツを生み出すには、いろいろなスキルセットが必要だったり、広告主さんとのやり取りの中で、細かい作業がたくさん発生します。自動化できる領域については自動化し、作業の負担を減らせるようにしていきます。1つの作業についても、いままではいろんな機能を駆使しないとできなかったことや、画像の置き換えなど、単純な繰り返し作業で時間がかかり、ストレスを感じてしまうこともあるかと思います。

たとえばPhotoshopにおいて、元画像を最終的に加工して完成品の写真データやバナーなどをつくる、ということはクリエイターさんの腕の見せ所だと思うんですが、最初の2、3ステップは「Adobe Sensei」によるAI機能を利用し、あとの仕上げをやっていただく、といったイメージになります。

「Adobe Sensei」によって実装された、クリエイター向けの機能

――既存のアプリケーションに対して、すでに実装されている機能はどのようなものがあるのでしょうか。

アドビ:すでに利用できる機能がいくつかあるのですが、3つほどご紹介させていただきます。

機能1:Photoshopで、人物写真の表情を、笑顔にできる

Photoshopでは、「Adobe Sensei」の「顔認識」技術を利用し、「ゆがみツール」で顔のパーツに手を加え、口元を強調してより大きな笑顔にしたり、目の大きさや鼻の高さを修正することができるようになりました。

機能2:Premiere Proのモーフカットで余計な部分を削除

動画編集ソフトのPremiere Proで実装されている機能としては、モーフカットがあります。動画インタビューの撮影時には「うーん」や「あー」といった言葉に詰まって考える瞬間がありますが、そういった動画の不要な箇所を指定し、「モーフカットエフェクト」を適用することで、動画素材の分析をバックグラウンドで行い、自動的に調整を行います。

機能3:Adobe Stockで画像検索が可能に

「Adobe Creative Cloud」と連動したストックフォトサイトのAdobe Stockでは「画像で検索する」の機能が追加されました。
サイト上で検索フィールド内のカメラアイコンをクリックし、画像をアップロードするか、直接画像をドラッグ&ドロップすることで、通常の検索よりも探しているイメージに近い画像を絞り込めるようになり、時間を短縮できるようになっています。

「Adobe Sensei」で、未来のクリエイティブが変わる!

――将来的には「Adobe Sensei」によって、どんな機能が強化されていくのでしょうか。

アドビ:Adobe MAXで発表した紹介動画でも見ることができるのですが、1つはPhotoshopでの音声入力があります。

未来の機能:音声で画像補正が簡単に

たとえばPhotoshopに付いたマイクボタンを押し、タブレットに「反転して」「正方形にして」「明るめに色を強めて」と語りかけるだけで自動的に画像を編集してくれる技術を開発中です。

AIなどの領域では、2年に一度、テックサミットでハッカソンを開催していて、世界中のエンジニアが集まり、各自のアイデアを披露したり、パネルディスカッションを行っています。同イベントには弊社のCEOやマネージメント層も参加するのですが、エンジニアのみなさんには「いくつかのテーマに対して、チーム編成を組んで24時間コーディングをする」という技術的なチャレンジを行っていただいているんですね。ここで勝ち上がったチームの機能がAdobe MAXやAdobe Summitで行われるSneaksというセッションでプロトタイプとして発表され、Twitterなどで一般投票を受け付けたあと、得票数が高く話題を集めた機能が実装されたり、研究を継続するといった形式を取っています。

Sneaksで発表されたPhotoshopの面白い機能としては、「Sky Replace」というものがあり、風景画像に関して空の部分だけを差し替えることができ、全体の質感や色味も、夕日や青空などのトーンに合わせて変更できる技術があります。

人間の創造性や情熱を加速するためのソリューション

――クリエイターの意見を反映された魅力的な機能が強化されていくようで、ワクワクしますね。

アドビ:私たちの大きな目的は、クリエイターさんが本来の仕事である「創造性」にフォーカスできるように、AIによってお手伝いしたい、ということなんですね。クリエイティブはまさしく、「人間が司る領域」だと考えています。我々がつくり上げる世界の源となっている部分ですし、みなさんのクリエイティビティや熱意はAIでは補完できるものではありません。人間本来の創造性や情熱を加速させるためのソリューションが、「Adobe Sensei」なんです。

アドビの方から直接「Adobe Sensei」、そして「クリエイティブの未来」について熱いコメントをいただき、今後のアドビ製品に対する期待が高まりました。

次回、後編のインタビューでは、「Adobe Sensei」によって、アドビが取り組む「マーケティング領域」のイノベーションについてお伝えいたします。クリエイティブのワークフローとの連携に関するお話も出てきますので、企業のマーケティング担当の方々に限らず、写真やグラフィック、動画に関わるクリエイターのみなさんも必見です。